大阪守口プラザホテル

大阪のおみやげ

『食いだおれの街』とよく言われ、おいしいものが多くある大阪なわけですが、お好み焼きやらたこ焼きやらをはじめ、基本的にはその場で食べるものがほとんど。実はおみやげに関しては難しい街だったりします。

最近はテレビCMでよく『月化粧』が宣伝されていますが、全国的に名の知れ渡った銘菓といったものも少ないです。

大阪ならでは!の感は薄いかもしれませんが、楽しめるようなおみやげ品を今回はご紹介いたします。

 

千鳥饅 みたらし小餅

長崎に伝わった南蛮菓子の製法を学んで寛永7年(1630)に創業した老舗和菓子屋があります。「千鳥饅頭」の発祥のお店として知られていますが、昭和48年に大阪に進出して、その大阪総本店で販売しているのが「みたらし小餅」(1箱12個入 税込650円)。「みたらし団子」といえば、串刺しになった丸餅に、甘だれがかかっているものが一般的ですが、千鳥屋のみたらし小餅は「丸餅の中に甘だれが入っている」という、常識を覆すみたらし団子です。ひとくちサイズでほおばると、プチッとお餅がはじけて、甘口醤油のたれがとろーりと口の中に広がります。甘だれが餅の外にかかっているのと、餅の中に入っているだけの違いなのですが、いままでのみたらしとは全く違う風味です。我が家では三ヶ月に1回の割合でおやつで買います。

 

一芳亭・福島店さんのしゅうまい

(1箱15個入り 税込970円)

大阪に来るとき、新大阪駅を利用して来られ、帰られる皆様におすすめですが、今日は、新大阪駅構内で買えるお土産を紹介いたします。

一芳亭・福島店さんのしゅうまい(1箱15個入り 税込970円)。一芳亭は、戦前の昭和8年(1933)に創業して、多い時は1日に7000個のしゅうまいが売れるという「大阪人なら知らない人はいない!」というほどの老舗です。福島店はその暖簾わけのお店です。冷凍で販売されていますが、蒸し器なら冷凍のまま約6分、電子レンジなら冷凍のままラップをして、5~6分加熱すると召し上がれます。具材は、豚挽き肉、海老、たまねぎ、塩、コショウなどで、ジューシーな豚肉がたっぷり入っていますが、たまねぎがアクセントとなっています。ひとくちサイズの小ぶりさが食べやすく、とくにビールのつまみには最高で何個でも食べてしまいます。一芳亭さんのしゅうまいが斬新なのは、しゅうまいの周りに、ふんわりと柔らかい薄焼き玉子がコーティングされていること。コテコテの大阪グルメではないのですが、大阪グルメの奥床しい味わいをぜひとも堪能してください。

バトンドール

関西限定で販売されている「高級版ポッキー」。 すましバターを使ったその黄金色から、フランス語で「黄金のスティック」という意味の名前がついているそうです。ネーミングからもリッチな感じが伝わりますね。ギフト用の箱も小洒落ています。

大阪では阪急うめだ本店、大阪高島屋で購入可能。阪急うめだ本店では行列ができる人気です。お早めに!

定番みやげである「プリッツ お好み焼き味」「じゃがりこ たこ焼味」も一緒に買って、食べ比べるのもよいかもしれません。

ジョリーボンボン

これまた阪急うめだ店にあるお店。ポップな飴屋さんです。
大阪では飴は『配るもの』『渡すもの』。コミュニケーションアイテムのような使い方をされます。それはもう若い女性からご年配のお母さんまで、「飴ちゃんあげるな~」という言葉とともに。

他県出身の私にとっては、この「飴ちゃん」という響きに不思議なものを感じたりもしますが、アメ1つで和やかな気持ちになれるのも確か。 詰め合わせや量り売りで購入して、お友達や職場で配ってみるのもいかがでしょうか? 種類も味も豊富で、見た目にもカラフルです。

モロゾフ プリンの生たまご

ショップでの他の品揃えも豊富です。スフレケーキ、通常のプリンなどもともにいかがでしょうか? 生菓子ゆえ早めにお楽しみを。
見た目に楽しめるものをいくつかピックアップしてみました。 「カワいくておいしい」ものをぜひどうぞ!

551蓬莱 豚まん

551があるとき~、551がないとき~とCMがよく流れてました。大阪なんばに本店があります。昼間は60分食べ放題もやってるので、行ってきました。

60分で1250円ドリンクバー付です。もちろん大きさは小さいですが豚まんも置いています。焼き飯にかに玉をかけたり、アレンジメニューで頂きました。

おみやげにも豚まんは喜ばれますよ~。一度、お試しにいかがでしょう?

梅田にも店舗はあるので観光でお越しの際は、大阪市営地下鉄が1日乗り放題のエンジョイエコカードと言うチケットが地下鉄切符売り場で購入できます。

平日は800円、土日は600円で1日いろんな場所に行けます。

くろーおじさんのチーズケーキ

大阪は『うまいもの』はたくさんあるんですけど、主にその場で食べて消える美味しい食べ物が多く、いわゆる銘菓として名を馳せるお菓子等があまりないんですよね。
毎回ちがうものを両親・甥っ子らに買って帰っているのですが、さて今回はどうしたものか? (―”―)ウムー
考えた挙句、私が普段から好き好んで食べているこのお菓子を買ってくことにしました。
それがこれ、『りくろーおじさんのチーズケーキ』。
ほのかな甘みに満ちた生地と、ほどよいレーズンの酸味がアクセントとなって、非常に美味です。 (*^▽^*)ウマイ!!
出来立て時は口の中に甘みが広がり、冷めていても甘みが凝縮され、ちがったおいしさがありますヨ。
ワタクシもともとチーズケーキ苦手だったのですが、これに出会ってがらりと考えが変わりました。願わくば全国に進出して、その名を轟かせてほしいと常々思っております。

大阪は『うまいもの』はたくさんあるんですけど、主にその場で食べて消える美味しい食べ物が多く、

いわゆる銘菓として名を馳せるお菓子等があまりないんですよね。

毎回ちがうものを両親・甥っ子らに買って帰っているのですが、さて今回はどうしたものか? (―”―)ウムー

考えた挙句、私が普段から好き好んで食べているこのお菓子を買ってくことにしました。

それがこれ、『りくろーおじさんのチーズケーキ』。

ほのかな甘みに満ちた生地と、ほどよいレーズンの酸味がアクセントとなって、非常に美味です。 (*^▽^*)ウマイ!!

出来立て時は口の中に甘みが広がり、冷めていても甘みが凝縮され、ちがったおいしさがありますヨ。

ワタクシもともとチーズケーキ苦手だったのですが、これに出会ってがらりと考えが変わりました。

願わくば全国に進出して、その名を轟かせてほしいと常々思っております。

新大阪駅の構内・新幹線改札そばのお求めやすい場所で販売されています。

また全国発送もしているもようです。

 

ご興味のあるかたはぜひ。

「御菓子司 絹笠」の「とん蝶」

大阪に来るとき、新大阪駅を利用して来られ、帰られる皆様におすすめですが、今日は、新大阪駅構内で買えるお土産を紹介いたします。

「御菓子司 絹笠」の「とん蝶」。和菓子ではないですよ!!三角形の竹皮風の包み紙を開くと、出てくるのは梅干しが2個入ったおむすび。実は、とん蝶というのは、「おこわ」のこと。ヒヨクもち米の白蒸しに大豆、塩昆布が混ぜられています。

おこわですので、基本的にはもっちりとしていて、素朴な味ですが、大豆、塩昆布、梅干しが良いアクセントになっていて全く飽きがきません。とん蝶の「七味唐辛子入り」・「ノーマル」があります。驚くのが消費期限(お召し上り時間)で、夏期は「お買上げ当日中の19時まで。冬期は22時まで」という短さ。これは添加物などを一切加えずに蒸し上げているからだそうで、このコダワリには職人的良心を感じます(笑) あまり大阪人のあいだでも知られていない、隠れた大阪名物です。じつは私も初めて知りました(笑) 機会があればぜひ一度、お買い求めください。 1包み 326円です。

 

たこむす

いつもブログを見て頂き、ありがとうございます!!!
大阪に来るとき、新大阪駅を利用して来られ、帰られる皆様におすすめですが、
今日は、新大阪駅構内で買えるお土産を紹介いたします。
①大阪といえばたこ焼き!…だけではないですが、「大阪といえばたこ焼き!」というのが誰もが持っているイメージのようです。

そこでオススメしたいのが、柿千さんのたこむすです。名古屋名物に「天むす」(天ぷら+おむすび)がありますが、大阪に来ると「たこ焼き+おむすび」で「たこむす」になります(笑)。

実はこれがなかなかおいしいくて…、たこ焼きとおむすびを合わせただけなのに、その組み合わせがしっくりときて、とても新しい!!

ご飯とたこ焼きを交互に食べるのとは、明らかに違っております。ためしに、たこ焼き部分だけを食べてみると、少し塩気が強く、おにぎり部分とバランスを取っていることに気付かされます!!!!マヨネーズが同封されていて、それをかけて召し上がると、塩気が和らいで、よりマイルドな味になります。なんといってもネーミングがステキで「たこむす」は漢字で書くと「多幸結」になります☆  『多くの幸せを結ぶ』  じつに縁起の良い名前で、大阪人らしい遊び心があります。

1箱5個入り 税込682円。

はじめて見たときは、「なんや、けったいな食べもんやなぁ(けったい=大阪弁で「妙な」という意味です)」ってみんないいますが、お土産に迷われたときには、ぜひとも買ってみてください。

 

伊丹空港を利用される皆様、今日は、伊丹空港内で買えるお土産を紹介いたします。

針中野 会津屋「元祖たこ焼き」

大阪名物のたこ焼きですが、大阪市西成区玉出にある「会津屋」というお店が発祥だそうです。当初は肉、コンニャクなどを入れて焼いていたものが、お客さんのアドバイスで兵庫県の明石焼きの真似をしてタコを入れたことでたこ焼が完成したそうです。「針中野 会津屋」(冷凍たこ焼き・24個入・税込1050円) は、創業当時からの昔懐かしいたこ焼きの味を今に伝えています。
たこ焼きというと、ベタベタのソースに青海苔と鰹節にマヨネーズがかかって、青ネギが山盛り、真っ赤な紅生姜に天かす(揚げ玉)というようなものもありますが、会津屋のたこ焼きは、そういった薬味、調味料は一切、使用しません。なにもつけずに生地の美味しさだけで勝負する!というものです。ソースにかかったたこ焼きばかりを食べている人には、何もかけない会津屋のたこ焼きは物足りなさを感じるかも知れませんが、一口食べてみると、これが絶妙で豊かな味わいに驚かされます。表面の少し固めの生地に、トロトロ・フワフワの中生地、タコの歯ごたえも美味しく、「これが元祖の味か!」と唸ること間違いなしです。大阪というとコテコテな味を期待する人が多いのですが、じつは本来の大阪グルメは、こうした会津屋のような「はんなり」としたもので上品でやわらかい味です。ぜひ一度は元祖たこ焼きの味を堪能してください。

大阪 北新地 点天「ひとくち餃子」

北新地といえば、江戸時代には井原西鶴が通い、近松門左衛門の「曽根崎心中」「心中天網島」などの舞台にもなった大阪キタを代表する歓楽街。ここで生まれたのが、極上の味を追求して30年の餃子一筋の専門店「点天」(1箱・30個入り・税込1390円)。点天の餃子というと、小ぶりでかわいいひとくちサイズで、普通の餃子の3分の1ぐらい。きれいに三角形に折りたたまれています。餃子のお土産というと「冷凍食品」が一般的ですが、点天は「生もの」であるのも特徴です。消費期限は製造日を含めて4日間で、購入後はなるべく早めに食べないといけませんが、調理してみると餃子特有の香ばしい匂いが漂って、ジューシーな豚肉の甘さが素晴らしく、表面はカリッ、中はモチモチッとした食感がなんともいえません。「生もの」だけに鮮度があって餃子としての完成度は非常に高いです。おつまみとしてビールと一緒に食べればこれまた絶妙で、大満足することまちがいなし!です。

皆様、こんにちは。

私、先日初めて神戸空港を利用致しました。そこで神戸空港で買えるお土産を紹介致します。今回はどちらかと言うと神戸土産でした。

ANA FESTAにあるお店です

 

①フーケのマダガスカル

マダガスカル産バニラとカカオを使用した見た目にも伝わるフワフワ感と、お口の中でとろけるクリームの衝撃。女性に喜ばれるお土産。

 

レーブドゥシェフの薫織ろうるけーき マンデルロール
神戸・垂水の有名菓子店のパティシエがお届けするこだわりのスイーツ!北海道のバタークリームアーモンドプードルをふんだんに使った生地で包み込みました。おいしさの薫りを織り込んだロールケーキです。

 

③フランツの魔法の壺プリン

可愛い素焼きの壺に入ったとろとろプリン!カスタードが濃厚なプリンの上にふんわり甘いクリーム。そして底には、丹念に煮詰めた香ばしい自家製カラメル。食べるうちに、次々に美味しさが追いかける、絶妙なハーモニー。口の中で3つの味が絡まり合う、まったく新しいプリンす。

 

④フランツの神戸半熟チーズケーキ
インターネットや雑誌で多数取り上げられた神戸で話題のフランツ自慢の大人気チーズケーキ。独自の製法により外はふんわりだけど中はとろり半熟。びっくりするなめらかさと濃厚なコクが口中に広がります。

当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です