大阪守口プラザホテル

SDGsへの取り組み

cover_osaka

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
(外務省ホームページより引用)

株式会社京都プラザホテルズでは、経営理念である「先人に学び、弛まざる『利他の祈り』をもって、人類の『心と身体』を永遠に癒す事により、社員・顧客・社会の『幸福、平和』の実現に貢献する。」を基に、『利他の祈り=他の幸せを願う気持ち』を行動(言動)に表せる職場づくりを目指すとともに、持続可能な未来の実現に貢献できるSDGsに取り組んでまいります。

株式会社京都プラザホテルズ|地域社会・国際社会の一員としての持続可能な取り組み

京都てんとう虫マラソン大会をサポート

京都てんとう虫マラソン大会のメインスポンサーをつとめています。障がいのある人もない人もマラソンを通して交流を深め、お互いを理解し、出会い・努力する大切さと楽しさを知る機会となっています。

誰もが活躍できる職場を目指して

弊社の従業員の男女比はおよそ1:1(清掃スタッフ除く)となっており、半数が女性従業員となっています。また20代~70代までの幅広い年代の従業員に支えられており、勤続年数が長いことも特徴です。そして、数年前からは外国籍の従業員を積極的に採用しています。弊社では、年齢、性別、国籍に関わらず、誰もが活躍でき、個人の能力に応じたキャリアアップが出来る環境づくりに取り組んでいます。

ホテル大浴場に地下水を使用

大浴場を設置している京都・姫路・関西空港の各ホテルでは、井戸を掘削し、地下水を利用するとともに、循環ろ過装置を取り入れ、限りある水源の有効活用に取り組んでいます。

エネルギーを有効活用

弊社は5館で合計750室以上の客室があり、多くのエネルギーを必要としています。しかしながら、温室効果ガスの排出を抑え、クリーンな地球環境の実現に貢献すべく、コージェネレーションシステムを導入し、エネルギーの有効活用に努めています。また、館内照明のLED化を進める等、消費電力の抑制に積極的に取り組んでおります。

当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です